« 2/19 日本超心理学会(JSPP)第44回大会 | トップページ | 石仏研究と陰陽道 »

2012年2月24日 (金)

家系図作成の注意

戦国時代と今の世相がよく似ている

 先日のニュースで日本国内では東日本大震災の後、家系図作成がブームになっていると伝えていた。大震災を経験した人たちが自分達が生きた証として何かあった場合に子供や孫たちにルーツとなるものを残しておこうという考え方が根底にあるからである。
このような社会傾向は時代を遡ってみると、戦国時代にブームとなった板碑の存在にあるような気がする。板碑は戦国時代の人々がいつ死ぬか分からない世のなかで、生前行事として自分の墓碑を自宅周りに逆習としてたてたのが始まりとされている。
昔も今も人々の考えることは子や孫に自分達の生きた証を残すという精神面では同じなのかもしれない。

Map0055

家系図作成の注意

 家系図というのは何の変哲もないものであるが、筆者が不思議な体験をし出したのが、この家系図作成にある。兄弟、親せきで家系図を作ろうということになって2002年1月から作業が始まった。完成は2003年6月だったので1.5年ほど製作期間がかかった。
この家系図作成開始と合わせるかのように身内で不思議な体験が始まったのも事実である。筆者も同様で写真にオーブが頻繁に写りだし、幽霊クリウやボンボリたちとの遭遇やらポルターガイスト体験等数多くあった。
当初はどうしてこのようなことが頻繁に起りだしたのか不思議でたまらなかったが、今にして思えば、この家系図作成という行為が霊媒の働きをして起ったのではないかと考えることができる。
従って、家系図作成というものを安易に考えずに、自分達の魂のルーツを探るとみなして法事を行ったうえで慎重に対応することが必要だと筆者の体験から言える。

写真は筆者たちが作成した家系図と写真集である。

Map0056

|

« 2/19 日本超心理学会(JSPP)第44回大会 | トップページ | 石仏研究と陰陽道 »

書評・時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/54065527

この記事へのトラックバック一覧です: 家系図作成の注意:

« 2/19 日本超心理学会(JSPP)第44回大会 | トップページ | 石仏研究と陰陽道 »