« 幽霊にかんする素朴な疑問 | トップページ | 心霊調査のあり方 »

2011年12月22日 (木)

修験道と心霊研究

「霊媒」とは何か?

 2011年も残すところ僅かとなった。今年の心霊研究は「霊媒」に主眼をおいて調べてきたが、まだその糸口はよく見えていない。今年の反省点である。
何故、我々は現代科学で説明できないような不思議な体験をした人々が周りにたくさんいるのに、それを調べようとしないのだろうか?その不思議な体験ばかりに気を取られて、本質の「霊媒」が背景にあることを見逃してしまったのではないかと考えている。
来年は、その「霊媒」について今年と違った角度で調べていきたいと思う。

心霊研究には修験道が必要だ

 これまでにいろいろな場所に出かけてフィールドワークをやってきたが、不思議な体験をする場所は多くが山中であった。先日、近くの山林に出かけて、その山中で不思議な体験があった。
この場所(写真参照)は筆者がサイクリングを兼ねてよく通う場所なのであるが、いつも5~10分程度山中に入って静かに過ごしている。そのときに初めての体験だったのだけれども、いつもと違って杉の葉が雨のように数分間、周りに降ってきて感動した。本当に雨が降ってくるように杉の小さな葉たちが小さな音を立てて降ってきた。
このような体験はいつも起こるような事象ではなく、現場に出かけていると時々そのような体験がある。体験というか周りに何かがいることを感じる瞬間である。昔のマタギたちが体験したような不思議な出来事が必ず山中には存在する。
そして、古来から伝えられている修験僧たちが山中で修行し体験した不思議な出来事の数々。このような不思議な出来事は「霊媒」が関与しているかどうかよく分からないが、同じ場所に通いつめると多くの人が体験すると思う。
何故、山中でこのような不思議な体験があるのかよく分からないが、心霊研究を目指す人たちは先ず身近にある山中のなかに身を入れて不思議体験をしてみたらどうかと思う。
フランスの詩人、シャルル・ボードレールの詩はそのことを我々に伝えているのではないかと思う。

「自然」は一つの神殿、その生ける柱は
時折おぼろなる言葉を漏らす。
人が象徴の森を過ぎてそこを通るとき、
森は親しげな眼差をもって彼を見守る。

         シャルル・ボードレール

Ghost336

|

« 幽霊にかんする素朴な疑問 | トップページ | 心霊調査のあり方 »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

森林浴というリラクゼーションもあるくらいですから、山には神秘的な力があると思います。
霊媒師については、やはり真偽の判断が難しいですよね。

投稿: サラズバティ | 2011年12月26日 (月) 13時49分

サラズバディさん、こんにちは。
そうです。山には何か不思議な力があるようです。修験僧のように山中に身を置くと近くの木々や小さな植物たちが時々人間に反応するのではないかと思われます。山々は本当に不思議な場所です。

投稿: 管理人 | 2011年12月27日 (火) 16時07分

231918
記事は下のリンクからどうぞ

投稿: モテない女の生態パターン________201568 | 2012年1月 3日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/53545550

この記事へのトラックバック一覧です: 修験道と心霊研究:

« 幽霊にかんする素朴な疑問 | トップページ | 心霊調査のあり方 »