« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

縄文人の死生観

霊は不滅なのではないか?

 長野県のM村とK村の古代遺跡を心霊研究という立場で調べているが、この度、「遺跡を学ぶ」シリーズとしてK村の縄文遺跡(国史)の詳細内容が縄文早期の世界として出版された。
これまで、この縄文早期の遺跡は今から遡ること7000~8000年前のものとされていたが、この資料を見ると、それより1500年も古く9500年前との年代が出されていて驚いた。
下の写真はこれまで紹介してきたものでK村の縄文遺跡の前に建てられた百番塔と庚申供養塔である。遺跡は洞窟となっていて一般的に岩陰遺跡と呼ばれているものだ。そして、少なくとも江戸時代の村人たちは、ここに何かの霊が宿っていることを悟っていたので石塔を建てたと考えられる。不思議なことに、この場所で写真を撮影するとオーブがよく写る。
この遺跡は1965年ころから発掘調査が行われており、これまでに12体の人骨が埋葬された形で発見されている。
少なくとも筆者の霊体験からすれば、今から9500年前の遺跡で発見された人骨たちは死後の霊というものは永遠に不滅だと言っているものと考える。

Iseki024

死者とともに暮らす

 この資料では、下の図のように当時の埋葬状態が描かれたものがあり、この遺跡は墓地だったのではないかということも考えられるが、たくさんの炉の跡や土器、動物や魚たちの骨も出土していることから住居としても使われていたのではないかと述べられている。
要するに、当時の縄文人たちは死者を同じ住居空間の一角に埋葬して暮らしていたということが言える。そして、死者たちは「抱石」という風習で埋葬されていた。「抱石」という風習は折口信夫も著書で述べているが、石に魂が宿るという考え方が既に縄文人のなかにあったからなのではないかと考える。
現代の人間には驚くべき風習としか言えないが、縄文人たちは同じ住居で死者たちとともに暮らしていたのである。

Iseki023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

井上円了のTV特集紹介

9月21日(水)井上円了のTV特集が予定されている。

 以前、ここのブログでも紹介した井上円了のTV特集が予定されている。

円了は日本哲学、妖怪学の祖と考えられています。

心霊研究に興味のある方は是非、ご覧ください。

放送予定

 平成23年9月21日(水)22:00~22:43分

 NHK(総合)歴史秘話ヒストリア

Enryo04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

霊と誘惑現象

三途の川は霊たちの誘惑現象である

 私たちの身近で三途の川の夢を見たことがある人が僅かであるがいるのは確かだ。その人たちの共通の話は三途の川を渡ろうとしているときに、そこが三途の川だと分かってあわてて途中から引き返して夢から覚めたという体験である。
筆者もこの体験をした一人である。それは、やはり霊魂の憑依を受けた頃の体験だ。夢のなかでトイレに行こうとして階下に降りていくと玄関の隅がなんとなく明るい。目を凝らしてよく見ると小さな扉があって、そこから光が漏れていた。その扉は人が四つん這いになって通れるほどの小さな扉で、筆者はその扉からなかへ入って行った。
扉の中は薄暗く、ちょうど裸電球のようなものが点灯していて、入るとすぐに梯子が下の方に伸びていた。恐る恐る、その階段を下りていくとやがて地面に足がついた。不思議なことに小川の流れるような音が聞こえてきたが、その時はわが家の地下に小川が流れていた!と正に現実の感覚だったことを今でも思い出す。これこそ<明晰夢>と言われる夢であったと思うのである。
梯子から降りてしばらく小川の流れる音の方へ歩いて行くと、薄暗い中に川の流れが見えた。水深はそんなに深くはなく対岸までは素足で歩いていけるような感じだった。対岸をよく見ると夜の闇のなかに三人の人影が見えた。暗いからその人たちの顔は見えなかったが、間違いなく人影は3人だった。それから、その川を渡ろうと思っているときに、ここが三途の川だと気がついた。
そして、そこからあわててもと来た場所に引き返しているときに会社の同僚のIさんと出会った。そこで同僚のIさんに、ここは三途の川だから早く引き返そうと話をしているときに夢から覚めて我に返った。ここまでが夢で見た三途の川の体験である。
それから会社に行ってIさんのことが暫く気になっていたが、不思議なことはやはり起った。暫くしてIさんの奥さんが生死を分けるような大病になって入院した。幸い、奥さんは一命を取り留め退院されたが、やはり三途の川の夢は正夢だった。
このように考えてみると、夢で見る三途の川は霊たちがあの世(彼岸)に我々を誘う誘惑現象なのだと考えてもよいと思う。その誘いに乗った人たちが、そのままあの世へと旅立ってしまうのだから三途の川の夢を見たら焦らずに引き返す勇気が必要だと筆者は自身の体験から考える。

Road227

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

オカルティズムと心霊研究

オカルティズム(神秘主義)の再検証を!

 超心理学という世界で心霊研究を行っていると中世の世界で流行したオカルティズムについて、それらは非科学的なものだと主張する人たちがいるが筆者は今だからこそ再検証の必要があるのではないかと考える。
確かに中世の世界では魔女狩りやらエクソシスト(悪魔祓い)など現代科学の進んだ人間の目からすれば、科学的に何の裏付けもないたんなる宗教儀式としか受け取られないだろう。
しかしながら、下の写真にもあるように現代社会においてもバチカンでは悪魔祓いの研究が行われているのは映画エクソシストにもあるように事実である。
これまで筆者も心霊体験をして様々な不思議な事象に出会ってきたが、古来、オカルティズムの世界で話し伝えられているものが呪術などにいくつか間違いなく含まれていると確信している。
従って、現代の心霊研究においては「オカルティズム」と呼ばれる事例についても、詳細を吟味してそれらを科学的に再検証すべきではないかと考える。

Occalt002

生贄(いけにえ)儀式の検証

 オカルティズムのなかに生贄という儀式がある。生贄儀式は世界各国のアニミズム(自然神崇拝)を調べてみても分かるように太古の時代から、世界各国で生贄儀式というものが神殿と呼ばれる場所で執り行われていた。そして、多くの生贄儀式は生きた人間や動物たちを殺して神に捧げたことが記録に残っている。
日本でも古来、人間を神に捧げる生贄儀式は間違いなく行われていた。そして、現代でもこの儀式は鳥や魚を生贄として祭壇に捧げる風習が残っている。では、何故、人間や動物たちを殺してまで生贄という儀式を行ったのだろうか。
一般的には神や悪魔に対しての捧げものだと考えられるケースが多いが、そのほかに「霊魂の憑依体験」のなかに真実が隠されているのではないかと筆者は考える。
それは丁度2002年のころの出来事である。そのころは憑依というものは自分自身では自覚していなかったが、我が家に手負いの野良猫が5~6匹ほど集まって来た時期があった。その猫たちは内臓が飛び出したり片目がつぶれていたりとか瀕死の状態の猫たちであった。
こうも不思議なことが起りだすと気味が悪い。その野良猫たちは1~2週間ほど我が家に来ては餌をもらって過ごしていたが、その後、みんな姿を見せなくなってしまった。
その頃、わが家にも飼い猫がいたが、その猫も同じ時期に野良猫たちと姿を消してしまった。誠に今にして思えば不思議な出来事だったが、このような不思議な出来事が霊魂の憑依にあっていると起ると思ってもいいのではないかと考える。
従って「生贄」という儀式は実際に自分が霊魂の憑依を受けてみると、その現象らしいものが身近に現れるので「生贄現象」として心霊研究で考えてみたらどうかと提案したい。

Uranai02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »