« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

聖なるオーブの調査研究

オーブの正体は何か。

 先に「オーブの衝撃」というタイトルで記事を書いたが、エレナさんのブログで紹介されていたオーブは水中のカメラケースを通して撮影されていたものだった。
世界中で報告されているオーブの正体については、今のところ確固たる原因を証明したものはないが、水中でもオーブが写るという事象から考察してみれば<ホコリ説>と<昆虫のオシッコ説>は無くなってしまう。
これまでのオーブ調査にかんする情報をインターネットで調べまわっているが、どのサイトもあまり科学的なものは見当たらないような気がする。オーブは霊魂の仕業なのか、たんなる自然現象のイタズラなのか、ここで再び検証してみたい。

1.オーブの正体:【水滴説】である。

 下の表は主な気温における飽和水蒸気(液体の水)量を表したものである。要するに雨天以外の日に空気中の1立方メートル辺りに存在する水の量と考えればよい。温度が高くなると飽和水蒸気量が増えているのが分かる。
このことから、我々の周りには日常的に飽和水蒸気と呼ばれる液体の水が存在しているのが分かる。

Woter023

 次の表は露天温度を目安に作成された飽和蒸気圧曲線で水蒸気を含む空気を冷却したときに凝結するものを表している。霧の発生の目安となるものだ。
下の写真1~3と組み合わせて考えれば、オーブが自然現象の水滴が犯人だと考えることができる。

Kisyoo001

2.オーブの粒径は1~100μmである。

 写真1はつまようじの先の水滴をレンズにつけて試写したもので、水滴の一部が写ったものだ。このように肉眼で見えるような水滴ではオーブは撮影できないことが分かる。

Orb106253

 写真2はカメラのレンズの近くでスプレーで水を吹きつけたとき写したものでレンズ一面が濡れた状態になりオーブは映らなかった。

Orb106252

 写真3は霧雨の日に撮影したもので、見事にオーブがたくさん写った。気象学会関係のHPから、このような霧粒の粒径は1~100μm位と分かった。要するにこのような微小な水滴のみがオーブとして写真に写るのである。

Orb106251

3.聖なるオーブの正体:【霊魂説】である。

 では、本題となる聖なるオーブについて検討してみよう。聖なるオーブとは欧米などで雨天以外の日に野外や屋内で写真に写るオーブのことをThe spirit of orbと呼んでいるので、そのままの和訳である。
上記1、2の説明からも分かるようにオーブの正体は間違いなく粒径1~100μmの水滴である。それがカメラのレンズの前で何かが狭い範囲の空気を冷却して微小な水滴を発生させてレンズに吹きかけている、と考えることができる。
写真4は筆者がオーブのジョナサンと呼んで4年ほど定点調査した場所で写した聖なるオーブたちのひとつである。同じ場所で超常現象と呼ばれる不思議な体験が何度かあった場所でもある。
オーブが写真に写るしくみは<オーブの衝撃>で説明している通りである。

Orb106254

 同じ場所でオーブが写真に写った個数を調査回数毎に調べてグラフにしたものが下のデータである。2004年から2007年にかけて調査したもので、筆者が憑依にあっている期間と一致している。
現状ではオーブとはカメラのレンズの前で何かが起因して小さな気象現象が起きているとしか科学的に説明できないが、その何かのひとつが【霊魂説】だと十分に考えられる。
このようにオーブがよくカメラに写るという人は人気の少ない公園や森林の場所を選んで定点撮影をしてみると、ちょっとした科学的なデータが得られると思う。

Orb012

聖なるオーブの公開画像

http://gallery.nikon-image.com/163733867/albums/990057/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

幽霊は何を伝えに来たのか?

幽霊クリウは何を伝えに来たのか?

 以前、「幽霊はなぜ出るのか?」という記事を書いたが、筆者が2002年5月に長野県M村で遭遇した幽霊クリウについて、その後の調査から彼が何を伝えに来たのか触れてみたい。
当初、幽霊クリウはたまたま筆者が奇跡の森に足を踏み入れた時に偶然姿を現したものだから、自分たちの縄張りを主張するために現れたものだろうと単純に考えていた。
幽霊クリウと遭遇して以来、石塔や石仏の調査を続けているうちに道祖神に出会い、そこから【縄文人】というキーワードにたどり着いた。
そこから考古学を少し勉強して化石地名と呼ばれる縄文時代の地名が今も世の中に現存していることも分かってきた。いわゆるノベやマキ、ツカ、カワグチ、ヤマグチなどの類である。そこから縄文人たちの国造りの考え方が少し見えてきた。

不思議といえば不思議な話であるが、これまでの調査から筆者が住んでいる東京のある街が幽霊クリウの古里と縄文という時代で繋がっているのが分かった。
要するに筆者が住んでいる街のルーツは長野県の佐久地方にあったのである。これは驚きの発見としか言わざるを得ない。

Saku113

幽霊クリウと縄文の検証①

 下の写真は筆者が2002年5月に長野県M村で撮影したものと、筆者が住んでいる東京の西多摩で発掘されたいわゆる「縄文のビーナス像」である。
科学的な検証は行っていないが双方ともに姿かたちがよく似ている。

Kuriu021

幽霊クリウと縄文の検証②

 下の写真(左)は佐久地方で発掘されたミシャグチ神と伝えられている土偶で右側が筆者が住んでいる付近で発掘された土偶のかけらである。
目がつり上がっているところなどが佐久地方のミシャグチ神とそっくりである。

Misya003

幽霊クリウと縄文の検証③

 下の写真は筆者の近くにある神社である。創建年代は不詳となっているが佐久地方にある松原・諏訪神社の流れがあると思われ、地元では「松原大明神」または「松原さま」と呼ばれている古社である。
そのほかに、縄文時代の石器製造地や地名が何ケ所か重複している。

Jinjya033

心霊研究では、たんに幽霊に遭遇したという体験の調査だけでは意味がなく、ほかに付近の環境を詳しく調べていくと「幽霊はなぜ出るのか?」の答えが見いだせるようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

縄文人の霊魂研究 2

縄文人は心霊世界のカギを握るキーパーソンである。

 今年の3月に「縄文人の霊魂研究」と題して記事を書いたが、問題の交通事故多発現場を続けて調査した結果、考えていた通り確かに縄文遺跡範囲と一致することが分かった。
現場の写真と地図を下のように並べて検証してみるとはっきりと分かる。ただ縄文遺跡の範囲と交通事故多発現場の相関関係はこれだけの証拠からは見だすことは科学的に難しいが、これまでの調査から他の何かが要因しているような痕跡は見当たらなかった。
この場所の縄文遺跡については縄文土器やら須恵器と呼ばれるものが出土しているだけで、何が行われていたかはよく分かっていないようである。近くでは大規模な遺跡が発見されているが、この場所の界隈だけ小さな遺跡が数ケ所発見されているから何かの用途に使われていたのではないかと思う。
このように不吉な場所を調べてみると、そこに縄文人の痕跡が見え隠れしてくるから心霊研究では古地図などをよく調べてみることが大切だと言える。

Konnondo04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

古代文明の謎と心霊研究

ピラミッドは何故作られたか?

 明晰夢や臨死体験をすると、既に述べたとおり先の尖った山に飛んでいく夢を見ることがある。眠りに入ると自分がまるで鳥になったような感じで羽ばたいて宙に舞う事が出来る。
そして飛んでいく先が必ずと言ってよいほど先の尖った山の山頂だった。この夢も三日連続して起こった。いずれも真夜中のような雰囲気で下には民家のような明りが点在して見えた。
このような体験をしてみると、古代エジプトや古代インカ帝国などで作られたピラミッドを思い起こさずにはいられない。ピラミッドを古代人が何故作ったのかは多くの研究者たちが仮説を唱えているが、未だにどれも結論には至っていない。
明晰夢や臨死体験の夢からいきなりピラミッド創建理由にたどり着くのには問題があると思うが、先の尖った山に飛んでいくシーンを思い出すと先人たちも同じ夢を見て、神のお告げと考えてピラミッドを作ったのではないかと思いたくなる。

道教では何故三匹の虫がいると考えたか?

 道教はその名の通り道の教えであって中国が発祥の地である。その道教の流れを受けて庚申信仰では人間の体内には三匹の虫(三尸:サンシー)がいて庚申の日に天帝に悪口を伝えに行くから寝ずに番をする、というものである。
この三尸についても、先人たちは体内にいる虫(尸)を何故三匹としたのかが疑問となる。陰陽道やら十二支、星占いなどから考えても三という数字はまるで出てこない。
この難問も憑依の終焉で述べたように明晰夢や臨死体験で説明ができる。眠りに入ると暫くして鼻の出口付近でパチンコ玉ほどの大きさの生温かい気体のようなものがいるのに気づく。原因は何かはよく分からないが、これも三日連続して体験する。
そうすると、これは魂のようなものが鼻の穴から我々の脳に出入りしているのではないかと考える。これが三尸だと先人達が考えたのではないか。ピラミッドや三尸の謎、これらは明晰夢や臨死体験をすると謎が解けるような気がしてくる。

世界中調べてみても古代文明とは神話に基づいた国家形成が確認されている。心霊研究はそうしたなかで古代の謎を解き明かすジャンルの一部なのではないだろうか。

Piramid11

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »