« 憑依と寄霊現象 | トップページ | 古代文明の謎と心霊研究 »

2011年5月28日 (土)

集団憑依について

集団憑依とは何か

 これまで筆者自身が体験した憑依について述べてきたが、この憑依というものは世の中では個人単位で起るような感じで受け止められている。
しかし、これには誤りがある。それは筆者が体験した不思議な出来事が親せき一同でも起ったからである。筆者にはさまざまな幽霊との遭遇や超常現象、臨死体験などがある期間で多発したように兄弟や親せきでも同じような体験があったことが後から分かったからだ。
こうして考えてみると憑依の原因は明らかに一族の「家系図」作成にある。誠にもって不思議と言うほか言葉が見つからないが「家系図」作成が憑依の霊媒となったのは間違いない。
従って憑依というものは個人単位で起ることもあるが、親せき一同のような集団でも同じ時期に地域を越えて広い範囲で起るので、憑依を調べるときに念頭に置いておく必要がある。

Hyoui123

|

« 憑依と寄霊現象 | トップページ | 古代文明の謎と心霊研究 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/51788084

この記事へのトラックバック一覧です: 集団憑依について:

« 憑依と寄霊現象 | トップページ | 古代文明の謎と心霊研究 »