« 夢に出てくる幽霊たち | トップページ | 霊と夢の研究 »

2011年4月25日 (月)

夢と蛇の使い

人類はなぜ蛇の夢を見るか?

夢の世界の不思議な出来事について、昨年、心霊研究の取材で密教で知られる東京の某寺院をたずねたところ、そこの和尚さんから「蛇」にとり憑かれたと思われる青年にたいする除霊の映像を見せてもらった。
この映像は民放の番組でも放送されたらしく、確かにひとりの青年の蛇にとり憑かれたような姿が映し出されていた。下の絵がその時のイメージ図である。この青年はよく蛇の夢を見るのだと言う。

Snake012

この「蛇」の夢は筆者も時々体験するものであるが、夢の世界に出てきたり、日常の生活のなかでフラッシングのように脳が感じるようなことがある。この時の「蛇」は決まったようにトグロを巻いているのが特徴で、その後に自分自身に不吉なことが起こりやすい。
いっぽう、「蛇」にかんする伝記書物を調べてみると世の中には驚くほどたくさんあるのが分かる。このように「蛇」にとり憑かれたと考えるより「蛇」の夢をよく見る問題については別の次元で研究したほうがよいのではないだろうか。

「蛇」は不吉を知らせにくる使者だ。

ここのブログでも以前紹介したことがあるが、「失われた文明」(講談社現代新書、著者:A・コルボフスキー)に下記のような記述がある。

 いろいろな大陸のいろいろな民族宗教が持っている宇宙発生神話によれば、陸地ができる前には、すべてが大洋によっておおわれ、この大洋には「蛇」の形をとった創世神が住んでいたといわれる。
大洋と大海のシンボルであった「蛇」(または竜)は、宇宙の混沌、すなわち生命が生まれる前の世界の原始的状態を体現したものであった。それはまたこの原始的状態への復帰を意味するシンボル、大異変と洪水を意味するシンボルにもなった。
バビロンの楔形文字のテキストの一つは、洪水が起こった年を「怒り狂っている竜の年」と呼んでいる。

Snake01

人類共通の夢は遺伝子が関係する。

このように「蛇」は古代のエジプトやメソポタミアなど文明の発祥地などで広く神格化されていたものだというのが分かる。
ではなぜ「蛇」なのか?宗教関係の書物には「蛇」は脱皮するから「死」からの再生のシンボルとして神格化されたとする説が多い。しかしながら脱皮するものは爬虫類にはたくさんいるし、このような説は多くの疑問が残る。
筆者が考えるには、このように人類が共通して見る夢に出てくる「蛇」だから「遺伝子」が関与しているのではなかと思う。従って「蛇」を夢で頻繁に見たり感じたりすることは、「蛇」にとり憑かれているのではなく人類の遺伝子のなかにその秘密が隠されていると考えれば余計な心配をしないですむ。そして、「蛇」は未来の不吉を予知する使者だと考えればよい。

Idensi023

|

« 夢に出てくる幽霊たち | トップページ | 霊と夢の研究 »

夢と心霊研究」カテゴリの記事

コメント

たしか、白蛇の夢を見ると吉だと聞いた覚えがあるのを思い出しました。蛇の夢は不吉だけではないのかもしれません。

投稿: サラズバティ | 2011年4月27日 (水) 23時29分

 そうですね。白蛇の夢は「吉」を知らせに来るものです。m(_o_)m

私も一度経験があります。夢のなかで神社かお寺の境内に白蛇がたくさん這いまわっている光景でした。
そのときは、確かに、仕事でいいことがありました。こういうものを超心理学に興味がある人は、研究をして欲しいです。

投稿: 管理人 | 2011年4月28日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/51492545

この記事へのトラックバック一覧です: 夢と蛇の使い:

« 夢に出てくる幽霊たち | トップページ | 霊と夢の研究 »