« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

庚申信仰と天災・暴動

庚申信仰には天災・暴動と何らかの関係がみられる。

今年の新年のあいさつで7庚申の年だから自然災害の起りやすい年だと話をしたが、新年早々から鳥インフルエンザ流行や宮崎県新燃岳の噴火、アフリカ各地の政変、ニュージーランド地震と立て続けに不吉なことが起り、この話をした筆者本人も少々驚いている。
そもそも7庚申、5庚申というものを何であるか調べてみたが図に示す通り、昔の人々は1年12ケ月の月齢を生活の基準とし、太陽暦と差が出る日を閏月として追加し補っているのである。これらの閏月のなかで1月、3月などの奇数月にある庚申の日が通常6回/年のところ5回/年や7回/年が発生する年がある。この年が5庚申や7庚申の年と伝えられているのである。

Kousin021
近年の7庚申、5庚申年について調べてみると、その年に起こった主な天災やら政変などが不思議にも浮かび上がってくる。

○昭和6年 :満州事変、北海道、東北地方で大凶作、ソ連で大飢饉
○昭和18年:鳥取地震、第二次世界大戦
○昭和29年:吉田内閣総辞職、浅間山噴火、台風12号被害
○昭和41年:松代の群発地震、飛行機事故多発
○昭和52年:円高ドル安、有珠山大噴火、ルーマニア大地震
○昭和63年:昭和天皇容態悪化・翌年崩御

○平成12年:有珠山、三宅島噴火、昭和皇太后と小渕首相逝去、Y2K問題

これらのデータからは庚申信仰と科学的な因果関係はすぐに結び付かないが、今年のように天災、暴動が立て続けに発生すると何か関連性があるのではないかと疑いたくなる。

庚申信仰と金星の関連性

庚申とはそもそも十干十二支の組み合わせで57番目にあたるもので、この十干のうち庚(かのえ)と(かのと)には背景に金星があることが分かる。
今年の干支は「卯」で庚申信仰の7庚申と金星が重なっており、昔から伝えられている「天体の動きと暴動や天災の関連性」がまんざら迷信だけの話ではないのではないかと思う。
昔の人々が我々に残した庚申信仰というものを現代の科学という目線で研究するのも災害や暴動から自分の身を守る上で必要なことなのではないかと考える。

Boudou014

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

霊媒研究(家系図)

家系図の作成という行為のなかに霊媒のひとつがある。

ここのブログでも何度か取り上げたのだが、筆者が霊体験をするようになったのが、ある家族の家系図作成がきっかけとなっている。
その家族にはアメリカに日系二世の親族がいて、その一人(女性)が母親の遺骨を持って日本に里帰りしたことがあった。彼女は片言の日本語しか理解できないレベルで日本の親族に会っても誰がどういう系列の親族か皆目分からなかったのである。
そこで親族の一人が家系図を作ってアメリカの親族に送ってあげようと発案し、その作成が筆者に回ってきた。一族の家系図は2002年1月から編集が始まり2003年6月に完成した。筆者が奇蹟の森で幽霊クリウと出会ったのが2002年5月だったので、今から思えば不思議な体験が始まった時期と家系図作成時期が間違いなく重なっている。
また、この家系図は筆者を含めて3人で編集作業を行ったが、残りの二人も筆者と同様に不思議な体験があったと報告があったから家系図作成という行為のなかに【霊媒】があるのは間違いない。
下の図は家系図のイメージと筆者が不思議な体験をした期間を示したもので、家系図の作成が引き金となっていることを物語っている。

Chart001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

霊媒と触媒研究

霊媒の謎を解くヒントは触媒のなかにある。

触媒(しょくばい、catalyst)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。
このようにウィキペディアで触媒について紹介されているが、先に交霊と霊媒の記事で述べたとおり、この「霊媒」の謎を解くヒントは我々が一般的になじんでいる「触媒」という世界に潜んでいるのではないかと思う。
筆者は触媒については専門家ではないので核心的なことは分からないが自身の体験から「霊媒」と「触媒」は現象的に大変相似していると思う。
挿絵にも示している通り化学反応の触媒の世界では白金に水素を吹きかけると発火することが知られている。この触媒原理からすると白金がすなわち心霊の世界では「霊媒」にあたる。人がこの「霊媒」に触れると降霊現象が起こり、その人に対して周りにいる「霊」たちが仲間だと思って寄ってくるのである。今のところ心霊世界では「霊媒」は精神世界のなかにあって祈とうや先祖供養などが考えられる。
触媒は昨年日本人がカップリングでノーベル化学賞を受賞したこともあり、脚光を浴びている分野だ。生物から化学分野にかけて幅広い触媒が研究されている。心霊の世界でも化学分野から学び取るものがあると考える。

Medium001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »