« 交霊と霊媒 | トップページ | 幽霊遭遇の条件 »

2010年10月26日 (火)

修験道とESP

ESP(特異能力)は修験道の修行で再現できるのではないか。

先の記事で交霊の手段として【霊媒】について触れてみたが、そのやり方については、まだ筆者としてもよくはつかめていない。
しかしながら自らの霊体験は間違いないもので、約5年ほど身の回りで超常現象やら死者の気配をよく感じるような体験があったのは事実である。
先日、【修験道 修行入門(株式会社原書房)】を読んでみて感じたのであるが、実際に山伏(修験者)と呼ばれる人たちは修行を通して超心理学で研究されているESPに似たような体験をしていることがよく分かる。
要するに【霊媒】は修験道の修行のなかにも秘密が隠されているということである。この本には古来仏教で扱われている六大神通について述べられているが、これらはまさに超心理学で取り上げられているESPと同じ能力が修行を通して身につくことが分る。
その六大神通とは天眠(てんげん)、天耳(てんじ)、宿命(しゅくみょう)、神足(じんそく)、他心(たしん)、漏尽(ろじん)である。
天眠は霊視、天耳通は霊聴、お告げ、宿命通は一種の霊視でその人がいかなる因果を持っているかをみてとる。神足通は自在に欲する所に出現する能力。他心通はテレパシーや他人の心が判ってしまう。漏尽通は仏教ならではの能力で、煩悩を滅する能力。と説明してある。
要するに超心理学で研究されているいくつかのESPは修験道の修行を通じて身につくものと考えてよいのだろう。

Aa300

|

« 交霊と霊媒 | トップページ | 幽霊遭遇の条件 »

ESP研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/49850917

この記事へのトラックバック一覧です: 修験道とESP:

« 交霊と霊媒 | トップページ | 幽霊遭遇の条件 »