« ミステリアス・ビレッジ(6) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(8) »

2010年7月16日 (金)

ミステリアス・ビレッジ(7)

先日、檜原村で【位牌山】と称される場所の調査に行ってきた。地元の人の話では村の神社の裏山のようである。
場所は檜原村の南谷と呼ばれる南秋川の上流だ。五日市から檜原街道を車で向かって本宿から南秋川沿いに左折して上流を目指す。
本宿の交差点付近から異様な山が見えてくる。吉祥寺というお寺の裏山だから、その昔、檜原城があった山だ。まるで、その形が位牌に似ているようで【位牌山】と呼んでもいいように感じる。しかし、この山は地元の人が呼んでいる【位牌山】ではないようである。

Hinohara070902
檜原街道は、とに角、道が蛇行している。直線で結ぶと目的地も近く見えるが、なかなか思うようにはいかない。そうこうしているうちに人里(へんぼり)にたどり着く。この集落はその昔、人里四ケ村と呼ばれていて帰化人と武田の落ち武者が開拓したことが郷土史などで説明されている。
その人里の集落の外れに目的とする神社の鳥居があった。檜原村紀聞(東京書籍)で紹介されている【位牌山】がある場所だ。
街道からすぐ参道になっていて急な石段を上っていく。すぐに石塔が目の前に現れる。二十三夜塔と聖徳太子塔である。

Hinohara070906

この場所から人里の集落がよく見渡せる。ここ檜原村はとに角、落武者伝説が多く残る山里である。

Hinohara070907

更に石段を登っていくと、その先に石塔二基と小さな祠が見えてくる。近づいてみると百番塔と寒念仏塔だ。百番塔は安永三年(1774)、寒念仏塔は安永四年(1775)建立と刻印してあった。木の祠は山の神を祀ったものだ。

Hinohara070909
その場所を過ぎて更に参道を進む。この参道は本殿まで511段の石段があるそうなので、山歩きに慣れていない人にはかなりきつい。

Hinohara070911

街道の鳥居から10分~15分程度で本殿にたどり着く。創建年代は不明であるが、かなり古い神社である。郷土史などを調べると小田原から大工を呼んで建立したと説明がされているので、鎌倉や室町幕府の影が見え隠れしてくる。

Hinohara070912
この神社は普段は無人のようである。拝殿の表扉から中を覗くと本殿の前で狛犬がこちらを睨みつけて、ちょっとおっかない。本殿には五大尊が祀ってあるそうである。昔から修験道の霊地として広く信仰を集めていたらしい。

Hinohara070913
ここには近年の祟り話が残っていた。それは、神社の獅子舞のとき鼻血を出した人間がいて、一旦家へ戻った。何を考えたか家で酒を飲み、また神社へ戻って行って太刀まわりを演じたそうである。不幸なことに、その太刀が腕に当たってその人が死んだ、という話である。これはたんなる偶然に起きた事故だと決めつけることもできるが、古老が伝える事例なのでまんざら偶然の事故とは思われない。
その神社の裏山が村の古老が伝える【位牌山】である。昔からこの山の木で炭を焼いたものには祟りがある、と言い伝えられている。そのひとつの証拠が神社の参道の途中で見つけた小さな祠である。祠はここのブログでも紹介したが【山の神】を祀るものだ。その昔、村人は【山の神】の祟りを恐れて祠を参道に建立したのではないかと推測される。

Hinohara070914

|

« ミステリアス・ビレッジ(6) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(8) »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

時々拝見させていただいてますが、最近は超心理学との関連が薄れている感じがします。

もはや死後存続仮説を立証することを諦めたのでしょうか?

残念です。

投稿: フォックス モルダー | 2010年7月22日 (木) 00時50分

フォックス・モルダーさん、お久しぶりです♪
最近は猛暑続きで、ちょっと思考能力もひどく鈍ってきている、そんな近況です。
ちょっと手厳しいコメントを頂きました。
そういえば、マット・イシカワさんは今頃PA大会に出席されているようです。今年のJSPP大会で面白いお話が聞けるんではないでしょうか。
私の専門的な活動は、マット・イシカワさんのHPで紹介されているように、「事例調査研究」がメインです。これは、もうひとつの「実験研究」と違って実験して検証するものではありませんので、見方を変えれば核心から外れているように見えるかも知れませんが、超心理学の世界で認知されている調査研究方法です。
詳細は下記URLで紹介されています。ご参考ください。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~metapsi/psi/1-1.htm

投稿: 管理人 | 2010年7月23日 (金) 10時19分

このような現地調査や聞き取り調査を行い、それをブログでの発表されている事について、ある意味尊敬しておりますし、私にはそれをするだけの知識も行動力もありません。 なので偉そうな事を言える立場でないですが、論理的に無理があれば説得力がなくなり、懐疑論者の批判の的になりかねません。 そこが残念なんです! 人間は信念に凝り固まっていると、誤った認知をしがちである事を前提にすべきだと思います。 もちろんフィールドワークも超心理学にとって大切な事と理解していますし、否定するつもりはありません。 ただこれらは心霊主義的なフィールドワークなら別ですが!

投稿: フォックス モルダー | 2010年7月26日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/48893427

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス・ビレッジ(7):

« ミステリアス・ビレッジ(6) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(8) »