« ミステリアス・ビレッジ(7) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(9) »

2010年7月25日 (日)

ミステリアス・ビレッジ(8)

檜原村は大きく北谷と南谷というように村が二つの谷の名称で呼び分けられている。要するに村を流れる秋川が本宿で二手に分れて南秋川と北秋川となって上流にいく。その渓谷を南谷、北谷と呼んでいるのである。
南谷側は言ってみれば昔は武州と甲州を結ぶ交易の要となっていた檜原街道そのものである。いっぽう、北谷側は南谷側と一転して交易とは異なる様相を呈している。
写真にあるように檜原村を象徴するのが、この大岳山(標高1266.5m)である。大岳山には日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祭神とする大岳明神が祀られている。

Ootake001
要するに北谷側は昔から修験道と呼ばれた聖地なのである。安和の変(安和2年:969年)のとき敗れた皇族がこの地に落ち延びたという伝説もある。
本宿から北谷に向かって千足、中里の集落を抜けて進んでいくと大沢という集落にたどり着く。この大沢というところは北谷側で拓けた場所で人家も多い。この集落の外れに宝蔵寺という古寺がある。建永二年(1207年)創建で、修験僧たちのより処となったと伝えられている。
この宝蔵寺の境内の片隅に地蔵、百番塔と並んで【脱衣婆(だつえば)】が置いてある。脱衣婆とは閻魔様のお付の婆さんで着物脱がしの役回りである。この脱衣婆は昔は村道の脇に置いてあったそうである。この脱衣婆という石仏はそんじょそこらで拝見できる代物ではない。

Hinohara10071901
要するに、この脱衣婆を通りすぎたものは生きて帰ってこれないということを物語っている。脱衣婆を通りすぎると暫くして藤原、藤倉、日向平(ひなたびら)にたどり着く。この場所に北谷のバスの終点がある。いわゆる【賽の河原】と呼ばれる場所だ。三界万霊塔、庚申塔、馬頭観世塔、墓石が一同に立ち並んでいる。
墓石は殆どがお坊さんのものだ。墓石の頭が丸くなっているのですぐ分る。ここには昔、寒沢寺というのがあった。今は廃寺となって墓石だけが昔の面影を伝えている。
その場所から更に上流に進んでいくと、沢と山道が同じ高さに出会う場所がある。この場所に12~15基くらい石塔が並んでいる。【賽の河原】と呼ばれる場所だ。この辺りは日向平(ひなたびら)と呼ばれるところで、地名の由来は年中、陽がよくあたる場所なのだそうである。そして、位牌山伝説が多い場所でもある。

Hinohara10071905
現在、郷土史やら関連の書物を読み漁っているが、その書物に今だたどり着いていないが、【三界万霊塔】、【脱衣婆】、【賽の河原】、【日向平】、【位牌山】を組み合わせていくと、その昔、この付近に間違いなく【姥捨て山】が何箇所かあったのではないか、その場所がいわゆる【位牌山】と呼ばれた場所なのではないか。北谷を調べていくうちに、その確信が高まってきた。

|

« ミステリアス・ビレッジ(7) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(9) »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/48969593

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス・ビレッジ(8):

« ミステリアス・ビレッジ(7) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(9) »