« ミステリアス・ビレッジ(3) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(5) »

2010年6月26日 (土)

ミステリアス・ビレッジ(4)

檜原村には【位牌山(いはいやま)】にまつわる奇妙な伝説が残されている。位牌山と呼ばれているから多分、地図に載っているだろうと思って関連する地図を見てみたものの、どの地図にも載っていなかった。
インターネットで調べてみると全国的に【位牌山】の存在が見えてくる。しかしながら、不思議なことに【位牌山】という山は地図上でどこにも見当たらない。
檜原村の村史やら郷土史などを調べてみたが、どこにも【位牌山】にかんする記事が見当たらない。そうこうしているうちに檜原村の昔話の本に出会って、それを呼んでいくと【位牌山】と名のつく山は実在しないが、昔から地元で不吉なことが起こったり祟り伝説がある山のことを【位牌山】と地元の人が呼んでいるらしいというのが分った。
その【位牌山】と呼ばれる山は檜原村だけで少なくとも10ケ所くらいあるらしいことも分ってきた。伝説によると【位牌山】を買ったもの、その山で炭を焼くものは祟られ死に至るなどの不吉なものがある。
では、どうしてこのような奇妙な伝説が各地に残されているのだろうか。例えば長野県の松代で発見された大室古墳群は【奇妙山】と呼ばれる名前が実在する山の山中にある。【奇妙山】と【位牌山】は呼び方が若干異なるが、ここ檜原村では縄文時代あたりからの遺跡は多数発見されているが、まだ古墳群が発見されていない。山々のどこかにあるのは間違いない。そこは不思議なことが昔から起こる場所だろう。山の呼び方から霊的なところで共通するものがあるのではないかと考えられる。
まだ、【位牌山】の呼称については調査を始めたばかりなので確信は少ないが、背後にきっと古代の霊が関与しているのではないかと考えている。写真は檜原村の山々である。この写真の中にも【位牌山】と呼ばれる山が存在する。

 Mount013

|

« ミステリアス・ビレッジ(3) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(5) »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/48728447

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス・ビレッジ(4):

« ミステリアス・ビレッジ(3) | トップページ | ミステリアス・ビレッジ(5) »