« フィールドワークのあり方 | トップページ | 白保竿根田原遺跡と心霊研究 »

2010年1月 3日 (日)

21世紀における科学の役割

Torii01 謹賀新年。
21世紀も既に9年という歳月が流れてしまいました。光陰矢のごとしとは大変的を得た表現のように思います。
霊魂の話を正月早々するのは、誠に縁起が悪い!と一喝される方もいらっしゃるかも知れませんが、科学という世界では例えそれが光明を受けたものと認められなくとも<生命の驚くべき真実を解明する>という感動が未来には必ずあるもので縁起ではない信じます。
世界中の科学者たちは、恐らくこの21世紀中には宇宙のしくみや生命誕生の秘密に必ず到達できるのではないかと考えます。
これから、たくさんの超心理学を志している皆様方と手を組んで大自然の謎解きができれば、自分のライフワークが必ず社会に貢献できる日が来るものと信じています。
自分の身の回りで起こっている生命の不思議な現象を、ただ通り過ぎて感じるのではなく、そこに目を向けて自分の手で解明していく感動を超心理学という世界で是非味わっていただくことを皆様にご提案します。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

|

« フィールドワークのあり方 | トップページ | 白保竿根田原遺跡と心霊研究 »

心霊研究・倫理」カテゴリの記事

コメント

2010年2月27日(土)にTOKYO CULTURECULTURE(東京カルチャーカルチャー)という所でASIOSの超常現象ナイトvol.1~超常現象と心霊写真 というイベントがあるようです。当日はプロの写真家も参加してさまざまな心霊写真の解明についての解説などがあるようです。

奇跡の森で撮られた写真の解明についてのヒントがつかめるかと思います。

投稿: フォックス モルダー | 2010年2月 5日 (金) 22時02分

フォックス モルダーさん、情報ありがとうございました。
ASIOSの公式ブログは時々見ていますので知っていましたが、う~ん、行こうかどうしようかなあ、なんて考えているところです。
どうもありがとうございました。

投稿: 管理人 | 2010年2月 7日 (日) 17時16分

奇跡の森で撮られた写真の解明には、いい機会だと思います。 このイベントに出演される、プロの写真家に鑑定してもらって、もし心霊写真とのお答えがいただければ、今後の心霊研究の進展が見込まれますし、もしそうでなけれ写真に写った物を、なぜ幽霊と思ってしまったかを、冷静に考え直す機会にもなると思います。 いずれにしても、写真の専門家の意見を聞くことが、1番大事だと思いますがいかがでしょうか?

投稿: フォックス モルダー | 2010年2月13日 (土) 14時11分

フォックス モルダーさん、いつもご丁寧にアドバイスありがとうございます。
今のところ仕事の都合で残念ながら27日は行けないかも知れません。

投稿: 管理人 | 2010年2月14日 (日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀における科学の役割:

« フィールドワークのあり方 | トップページ | 白保竿根田原遺跡と心霊研究 »