« 幽霊は足跡を残す | トップページ | 憑依で体験する現象や症状 »

2009年11月13日 (金)

明晰夢と超常体験の調査

Meisekimu01 マット・イシカワさんの超心理マニアのブログで【明晰夢と超常体験の調査】が取り上げられているので、筆者の体験から一部を紹介したい。
◎明晰夢(めいせきむ)とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。Lucid Dream(ルシッド・ドリーム)とも呼ばれる。
このようにウィキペディアでは紹介されているが、一般項目としてはまさにこの通りだと筆者は考える。しかしながら、この発生のメカニズムは一種の生理的現象だとも述べられているが、これは何らかの心霊現象ではないかと筆者は考えている。
筆者の体験から、この明晰夢について述べてみると
先ず
①眠りに入ると、すぐに不思議な夢の世界が始まる。
②まるでそれらの夢は現実の世界そのものである。
③三日続けて同じような夢を見る。
④眠りから覚めると、その夢の世界の出来事をハッキリと覚えている。
⑤眠りから覚めると、脳にある種の疲労感が残る。
こんなところが印象的に記憶に残る。普通の夢の世界と違う点である。
明晰夢と超常体験は関連性があると位置づけてよいのではないかと筆者は考えている。

参考【超心理マニアのブログ】
http://blog.goo.ne.jp/metapsi/e/f4f849bdeaf91ac08d908ac02d7597bb

|

« 幽霊は足跡を残す | トップページ | 憑依で体験する現象や症状 »

夢と心霊研究」カテゴリの記事

コメント

 筆者の体験とおっしゃられて居るのは
明晰夢の本に乗って居る内容とどう違うのか
教えていただきたいです。

投稿: 権の助 | 2009年11月14日 (土) 13時49分

権の助さん、こんばんは。
権の助さんがおっしゃっている【明晰夢の本】というのは、どの本を指していらっしゃるのか分りませんが、ここに述べているものは筆者の個人的な体験談です。

投稿: 管理人 | 2009年11月14日 (土) 21時59分

 絶版になってるかもしれませんが、日本予知夢学会の主催者の方が書いてた本だと思います。

投稿: 権の助 | 2009年11月16日 (月) 19時42分

権の助さん、了解しました。
ちなみに日本予知夢学会ってのをインターネットで検索してみましたが出てきませんでした。

投稿: 管理人 | 2009年11月16日 (月) 20時47分

私も何度となく明晰夢を経験しています。

①②④⑤は私も経験しています。(しかしこれらは普通の夢でもよくあることで、やはり一番の違いは夢を見ているという自覚の有無だと思います。)

私はあくまで半覚醒状態での夢見状態だと考えているのですが、明晰夢の発生のメカニズムは何らかの心霊現象ではないかと思われている根拠は何でしょうか?

筆者さんの明晰夢と超常体験は関連性があると位置づけてよいとされる根拠をお教え下さい。

あと心霊現象という用語を使うのは、超心理学的にはあまり適切ではないように思えるのですが、いかがでしょうか?

投稿: フォックス モルダー | 2009年11月16日 (月) 23時00分

フォックス・モルダーさん、こんばんは。ご質問に回答します。

ご質問1:明晰夢の発生のメカニズムは何らかの心霊現象ではないかと思われている根拠は何でしょうか?

【回答】これは、ここのブログでも何回か説明していますが、筆者の霊体験から憑依というものを自ら体験しました。(これは「古代遺跡と霊」のビデオのなかでも説明しています)そして、この憑依された期間が幽霊クリウと出合った2002年5月ころから不思議な夢、要するに明晰夢と呼ばれえるような夢も2007年春ころまでの5年間続いたということから根拠として判断できます。

ご質問2:筆者さんの明晰夢と超常体験は関連性があると位置づけてよいとされる根拠をお教え下さい。

【回答】ここのブログで「夢と現実の照合」というタイトルで何度か説明している通り、幽霊クリウと出合った奇跡の森を400~500mほどの範囲で調べた風景のある部分が正に明晰夢で見た世界の風景と非情に類似していた点から判断しています。

ご質問3:あと心霊現象という用語を使うのは、超心理学的にはあまり適切ではないように思えるのですが、いかがでしょうか?

【回答】今年の12月に行われる日本超心理学会の年次大会で鹿児島国際大学の萩尾先生が「ウィリアム・ジェームズの心霊研究」というテーマで発表を予定されています。このウイリアム・ジェームズの活動拠点のひとつが「心霊現象研究協会」ですから、特に問題はないと思いますよ。フォックス・モルダーさんも12月の年次大会に参加されてみてはどうでしょう?

ご参考:(日本超心理学会年次大会)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jspp2/japanese/event/program/42program.html

投稿: 管理人 | 2009年11月17日 (火) 20時04分

 たぶんフォックスモルだーさんは明晰夢と
心霊現象を結びつける根拠について聞いてお
られるのだと思いますよ。

投稿: 権の助 | 2009年11月18日 (水) 15時45分

権の助さん、こんばんは。
根拠と言うのは、フォックス・モルダーさんのご質問1とご質問2で回答しているとおりです。筆者が体験した霊体験と明晰夢の時期と期間が同期しているのが大きな根拠となるものです。
それから実際に見た明晰夢の風景と現実の霊体験した場所の風景が非情に似通っていた点です。

投稿: 管理人 | 2009年11月18日 (水) 20時40分

ご回答ありがとうございます。

質問1と質問2でご回答ですが、奇跡の森で幽霊を目撃した後に明晰夢を見たのであれば、それはごく普通のことではないでしょうか?

奇跡の森での記憶を元に、明晰夢という半覚醒状態で夢を作りあげることで説明でき、わざわざ霊魂を持ち出さなくてもいいのではないでしょうか?


質問3のご回答ですが、また少し回答がずれているようです。

科学的に研究する超心理学の立場からどうかなと思ったからです。

今年の大会には残念ながら参加できなくなりました。

その時に少しでもお話ができればと思っていただけに残念です。

投稿: フォックス モルダー | 2009年11月18日 (水) 23時50分

 明晰夢と幽霊の関係を関連づけている理由は判りました。
ですが1から4の項目が明晰夢だと分析し特殊項目のように扱っている文献を
管理人さんがご存知でしたら教えてください。

投稿: 権の助 | 2009年11月19日 (木) 19時19分

それともう一つ
 1から4のこの全てが明晰夢と分かる夢の中で起きたということでしょうか?

投稿: 権の助 | 2009年11月19日 (木) 19時21分

権の助さん、こんばんは。
筆者の明晰夢の体験は前にも述べたとおり個人的な体験です。
明晰夢のことについてはウィキペディアのものを文献として紹介していますが、それ以外の文献のことは分りません。
それから権の助さんがご質問されている1から4という番号が筆者がブログで説明している①~⑤の項目のことであれば、その通りです。

投稿: 管理人 | 2009年11月19日 (木) 21時12分

 回答ありがとうございます。
管理人さんが言うように1から5でした有り難うございます。

 それともう一つ質問です。
3回とは一晩でしょうか?それとも3晩でしょうか?それともどんな寝方をして3回でしょうか。

投稿: 権の助 | 2009年11月20日 (金) 15時42分

 すみません質問を取り下げます。
3日と書いてありました。

投稿: 権の助 | 2009年11月20日 (金) 15時46分

 再び別の質問させていただきます。
同じような夢とは具体的にどんな夢で、
どれ位違う夢なのでしょうか。

投稿: 権の助 | 2009年11月20日 (金) 15時48分

権の助さん、こんばんは。
筆者が体験した明晰夢についてはフォックス・モルダーさんに回答したとおりです。ここのブログで「夢と現実の照合」というタイトルで7件ほど詳しく説明していますのでご参照してください。いずれも筆者が「奇跡の森」と呼んでいる400~500m界隈で調査した場所の数箇所に明晰夢で見た風景と同じような場所があったということです。

投稿: 管理人 | 2009年11月20日 (金) 21時40分

 体験談のページ拝見しました。
質問に答えていただいて、有り難うございました

投稿: 権の助 | 2009年11月22日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/46755257

この記事へのトラックバック一覧です: 明晰夢と超常体験の調査:

« 幽霊は足跡を残す | トップページ | 憑依で体験する現象や症状 »