« 憑依で体験する現象や症状 | トップページ | 近代神道と超心理学 »

2009年11月29日 (日)

幽霊の定義

Ghost0023 筆者が幽霊遭遇体験をある学会の論文に発表しようと試みたときがあった。しかし、その論文には手厳しい批判が山のように待ち構えていて断念せざるを得なかった。それは論文という学術的な手法のほかに「幽霊」というものの学術的な定義が世の中に無いからだというのが後から分ってきたことをよく覚えている。
ウィキペディアによれば【幽霊(ゆうれい)は、日本の民間信仰の中で、人が死亡して、肉体から魂(たましい)が離れた後も、未練(みれん)や遺恨(いこん)を解くために、現世(うつしよ)に残り、生前の姿で幽か(かすか)に可視化したもの】と、このように紹介されている。
要するに「幽霊」というもののはっきりした学術的な定義が今の世の中には誠に残念ながら無い。これが現在の心霊研究に大きな足かせになっているのではないかと思う。ウィキペディアの「幽霊」に関する解説もちょっと説得力がなく心細い感じがする。
では、筆者が心霊研究を進めていくなかで感じた「幽霊」の定義について少し語ってみたい。
筆者が考える幽霊の定義は次の通りである。
先ず、幽霊とは死んだ肉体の魂がその肉体から離れて霊魂となり、その霊魂が人間などの生き物の前で自らの存在を示すために姿を見せる行為である。幽霊の姿は一様ではなく千変万化する。従って幽霊の目撃談の姿は千差万別なものとなる。
そして、この幽霊の姿を検証すると、一つ目に自然界で起こりえる自然現象ではないこと、二つ目にその姿は肉体と生命を持ったものではない。三つ目に幽霊には生きた生物のように意識がはっきりと存在する。ということである。

|

« 憑依で体験する現象や症状 | トップページ | 近代神道と超心理学 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
「幽霊」はいませんよ。
私は超感覚的体験はありますが、その体験は亡き僧侶の意図するものでした。
超感覚的世界と現生は同居していますが時間にずれがあります。
私が見ようとしても見ることはできません。
霊がこの世に現れるとしたら誰かに乗り移らなければなりません。
私が見せられたのはすべて、亡き僧侶(仏の化身)のなせる技でした。
幻覚なのか霊界なのか仏の国なのかそんなことはこの世で生きる上で何の必要性もありません。
でも、私は仏の国に招待されています。
それも人間として生かされていることに感謝し、この世にふさわしい役目を終えたと認められてのことです。
あやふやなものですよ、だから幽霊はいません。
私が遊ばされた女の子は何だったのか、いまだに分かりません。
私の方から亡き僧侶に会うことはできません。
私が死んだらわかると想います。
お経だけは覚えとけと言われたので勉強しましたよ。
この先どうなる事やら、目に見えないものは信じることで自信となって見えるように導かれるのかも知れません。
確かに言えることは、不思議な力で私は守られています。
一応、読経して合掌。

投稿: エスプリ | 2009年11月30日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/46892066

この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊の定義:

« 憑依で体験する現象や症状 | トップページ | 近代神道と超心理学 »