« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

幽霊の定義

Ghost0023 筆者が幽霊遭遇体験をある学会の論文に発表しようと試みたときがあった。しかし、その論文には手厳しい批判が山のように待ち構えていて断念せざるを得なかった。それは論文という学術的な手法のほかに「幽霊」というものの学術的な定義が世の中に無いからだというのが後から分ってきたことをよく覚えている。
ウィキペディアによれば【幽霊(ゆうれい)は、日本の民間信仰の中で、人が死亡して、肉体から魂(たましい)が離れた後も、未練(みれん)や遺恨(いこん)を解くために、現世(うつしよ)に残り、生前の姿で幽か(かすか)に可視化したもの】と、このように紹介されている。
要するに「幽霊」というもののはっきりした学術的な定義が今の世の中には誠に残念ながら無い。これが現在の心霊研究に大きな足かせになっているのではないかと思う。ウィキペディアの「幽霊」に関する解説もちょっと説得力がなく心細い感じがする。
では、筆者が心霊研究を進めていくなかで感じた「幽霊」の定義について少し語ってみたい。
筆者が考える幽霊の定義は次の通りである。
先ず、幽霊とは死んだ肉体の魂がその肉体から離れて霊魂となり、その霊魂が人間などの生き物の前で自らの存在を示すために姿を見せる行為である。幽霊の姿は一様ではなく千変万化する。従って幽霊の目撃談の姿は千差万別なものとなる。
そして、この幽霊の姿を検証すると、一つ目に自然界で起こりえる自然現象ではないこと、二つ目にその姿は肉体と生命を持ったものではない。三つ目に幽霊には生きた生物のように意識がはっきりと存在する。ということである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

憑依で体験する現象や症状

Man003 憑依体験について、筆者の体験から少し述べてみたい。
「憑依」とは科学的なものは明確に表現されたものは現時点では無いように思われる。簡単に述べると死んだ肉体の魂がその肉体から離れて人間や人形、植物やその他の物体に取り憑くことを指しているのではないかと考える。
これらの症状や現象というものは先に述べたとおり、明晰夢もそのひとつであるが大きく五つの現象や症状が筆者の場合に現れた。それらを添付の図に表わしてみた。内容は次の通りである。

1.夢の世界で不思議な夢をよく見るようになる。
  (明晰夢や金縛りの夢)

2.オーブが写真によく写るようになる。

3.浮遊霊とよばれる霊を自殺や事故が起こった場所で
  よく感じるようになる。

4.肩に鉄板が埋め込まれたような身体的変化が起こる。
  ひどい時には鬱のような症状になる。

5.身近で不思議な現象(超常現象)をよく目の当たりに
  するようになる。

以上のような内容であった。これまで筆者の心霊調査から憑依に関する事例を何度か聞いたことがあるが、正しくはこれらの現象や症状などを体験者に質問して憑依かどうかの判断材料にすることも心霊研究では必要だと感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

明晰夢と超常体験の調査

Meisekimu01 マット・イシカワさんの超心理マニアのブログで【明晰夢と超常体験の調査】が取り上げられているので、筆者の体験から一部を紹介したい。
◎明晰夢(めいせきむ)とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。Lucid Dream(ルシッド・ドリーム)とも呼ばれる。
このようにウィキペディアでは紹介されているが、一般項目としてはまさにこの通りだと筆者は考える。しかしながら、この発生のメカニズムは一種の生理的現象だとも述べられているが、これは何らかの心霊現象ではないかと筆者は考えている。
筆者の体験から、この明晰夢について述べてみると
先ず
①眠りに入ると、すぐに不思議な夢の世界が始まる。
②まるでそれらの夢は現実の世界そのものである。
③三日続けて同じような夢を見る。
④眠りから覚めると、その夢の世界の出来事をハッキリと覚えている。
⑤眠りから覚めると、脳にある種の疲労感が残る。
こんなところが印象的に記憶に残る。普通の夢の世界と違う点である。
明晰夢と超常体験は関連性があると位置づけてよいのではないかと筆者は考えている。

参考【超心理マニアのブログ】
http://blog.goo.ne.jp/metapsi/e/f4f849bdeaf91ac08d908ac02d7597bb

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »