« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

幽霊は足跡を残す

Sa3 「幽霊は足跡を残す」と言うと、ちょっと大げさであるが、どう考えても幽霊が足跡を残すはずがない。添付の写真に示しているように筆者が調査している長野県M村の林道で撮影した幽霊クリウが林道の林の中に消えていった場所(左の写真)をそっと覗いたところ、驚くなかれ!そこに水仙のひとかたまりが小さな花園を作っていた(右の写真)。
これまでいろいろ調べてきたが、奇跡の森の界隈には水仙が咲いている場所は他にどこにも無かった。水仙というものは球根から芽を出し花を咲かせるものであるので、自然にこの場所に咲いているのはあり得ないことである。
そして、このひとかたまりの水仙は間違いなく誰かの手で植えたものだろうと結論付けた。水仙の花が咲いている場所を奇跡の森から更に離れてM村全体で調べてみると、1Kmほど下流にある菩提寺の回りに桜の季節になるとたくさんの水仙が咲いている。この場所の水仙が一番近い。と、言うことは、奇跡の森の林道で幽霊クリウが姿を消した場所に咲いているのは、この菩提寺から持ってきて誰かが植えたのではないかと推測している。
要するに、筆者が幽霊クリウと遭遇した同じ場所でM村の誰かが幽霊クリウを目撃したので、この場所にわざわざ水仙を植えたのではないか?と推測できる。
この水仙の花はここのブログでも過去に「不思議な花園」として紹介したことがあるが、これは間違いなく幽霊クリウが同じ場所に現れた証である。
これこそが「幽霊の足跡」と間違いなく言えるものかも知れない。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

霊魂のぬくもり

A091024 今日のNHKのアーカイブスという番組で「ある夫婦のホスピス絵日記」というものを紹介していた。
この番組を見た感想としては、どちらかというと「死生学」というものが中心にあったと思った。近年、よく「こころの時代」という言葉がよく使われ出しているが、すべてが生命の「死」というものを受容しようという考え方が根底にあるような気がしている。
この日のNHKの番組では41歳の若さで亡くなられたご主人の最後を看取った奥さんの生き様が絵日記という形で忠実に紹介されていて大変感銘を受けた。
この番組のなかで、この奥さんがご主人が亡くなられた数日後に自宅で一人でいるときに不思議な体験があったことをお話されていた。
それは、亡くなったご主人のことを部屋の中で考えているとき、自分の顔の辺りを風もないのに生暖かい空気が通り過ぎていったのを、あれは今に思えばご主人の霊だったのではないかと付け加えられていたことが筆者の脳裏に強く残った。
この奥さんの体験は、筆者が調査している奇跡の森の林道の入り口でも時々体験することがある。不思議な現象である、確かに周囲に風もないのに生暖かい空気の塊が身体を通り過ぎていくことが何度かあった。心霊研究では五感で感じることも、よく調査することが必要だ。
霊魂には生物と同じような「ぬくもり」が間違いなくあるのではないだろうか。写真は10月24日に放映されたNHKのものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

古文字と心霊研究

Bonji003 「古代遺跡と霊」について筆者が制作したビデオをもとに映写と説明を先月実施したが、心霊研究を行ううえで先ず壁によくぶち当たるのが石塔や仏画などに刻まれている古文字ではないかと思う。
奇跡の森にある「百番供養塔」に刻まれている古文字は僅かな文字だったが解明に三年ほどかかった。これは石に刻んである文字が光の加減で見えたり見えなかったりするからだ。
南米の遺跡調査では研究者は夜に出かけていって懐中電灯で文字を照らし出して解読しているようである。これほど古文字を解読するのは難しく容易ではない。
先に紹介した佐久観音霊場にあった石碑の文字も同じであった。本当に古文字は何が書いてあるのか専門家でないから直ぐに閃いてこないから大変だ。
週末、近くの図書館へ出かけて「梵字」に関する書籍を読み漁ってきた。「梵字」というのはお墓の塔婆などによく描かれている不思議な文字というか絵模様のような文字だ。
最初、この石碑に書かれているのは七人の神々だろうと考えていたが添付の写真に説明している通り、オン・アロリキャ・ソワカ(聖観音真言)のことだとようやく判明した。
このように石塔や石仏、遺跡などに書かれている古文字が何を語っているのかが分れば、心霊研究にも大いに役立つものと考えている。民俗学や古代史、考古学の若干の知識も必要である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

心霊研究のあり方

Bonji002 現代の心霊研究というものは交霊体験など霊魂そのものの研究が主体となっているようであるが、古の石塔や遺跡、古文書などから先人の行った霊魂供養の実体を調べ精査していくことも大事だと考えている。
今、筆者は長野県のM村とK村の霊魂調査を行っているが、やはり先人たちは当時、霊魂に対して何を考え、どう対応していたかを調べていくことも大切だと考えている。
そのひとつが庚申講である。この庚申講は巷で説明されているようにたんなる民俗信仰の行事だったとは少なくともこの二つの村からは感じ取れなかった。
要するにこのM村とK村の庚申講は少なくとも不吉な出来事が起こったころに行われ、目的は村の戒律(見ザル、言わザル、聞かザル)と霊魂供養が混在しているようである。
日本の民俗学研究で著名な折口信夫先生や柳田邦夫先生などの古代史研究などは現代の心霊研究には欠くことのできない貴重な財産であると筆者は考え併せて研究している。
 写真は長野県K村にある霊場に建立されている石塔であるが、現在の筆者にはとても難解な文字でまだ解読できていない。
この石塔に刻まれている文字は遠くインドの梵字(ぼんじ)らしいというところまで辿りついたが、これまでの調査で庚申講とのつながりも少し見え隠れしている。
このように、これからの心霊研究を進めるうえでは古代史や民俗学なども取り入れた研究が間違いなく必須条件で、これらの中から新しい発見が生まれるものと信じている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »