« 霊魂調査の点と線 | トップページ | 庚申信仰の謎 »

2009年4月29日 (水)

「天領の地」川上村を訪ねて

Iseki002 長野県M村の和尚さんから同じ南信濃にある大深山(おおみやま)遺跡を訪ねてみたらどうかと提案があったので、先日の調査の帰り道川上村にある大深山遺跡を訪ねてみることにした。
川上村というところは、その昔から「天領の地」と呼ばれていた村であるので、ちょっとは気になっていた村である。佐久の方から国道141号線を車で野辺山方面へ走っていくと、やがて川上村の案内が見えてくる。
しかしながら、この川上村は地形が複雑な海岸線のように入り組んでいて、なかなか目的地にたどり着けない。筆者はどちらかといえば方向音痴だから西東の検討が全くつかないから大変だ。国道141号線には「川上村」の案内板が出ているが、ちょっと村道に入り込んでいくと案内板の数がめっきりと減ってくるから心細くなってくる。
そうこうしているうちに、やっと川上村役場方面という案内板が見えてきたので一安心した。村の中心は千曲川添いにあるので野辺山辺りから入ってくると、一気に200~300mほど下るような感じである。
川上村に入って、暫く走っていると目的地の「大深山遺跡」という案内板が見えてくる。遺跡の名前の通り、そこには大深山(標高1466m)という山があり麓は大深山地域と呼ばれている。村道からゴルフ場入り口と同じ場所なので迷うことはなかった。車をそこから走らせて5分程度で遺跡にたどり着く。
遺跡には縄文時代の竪穴式住居が二棟再現されていて入場制限の柵も余りないので親しみやすい遺跡である。(写真参照)
この遺跡は昭和28年頃に発見され村の観光協会で発掘を担当したと記されている。この遺跡は東京大学、アメリカのスミソニアン博物館などが調査に訪れているらしいから考古学的には貴重な遺跡なのだと思う。
この地に今から遡ること1156年、京の都で「保元の乱」という天皇家の争いがあって、その時、この地に重仁親王という方が都落ちしてひっそりと暮らしていたという伝説が今も語り継がれている。「大深山遺跡」が発見されたのがきっかけかどうか分らないが、この遺跡に皇族が過去に訪れているのは確かである。
「天領の地」川上村、万葉の歌が響いてくるような美しい山々、天皇家と深い縁のある村なのである。

|

« 霊魂調査の点と線 | トップページ | 庚申信仰の謎 »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/44831494

この記事へのトラックバック一覧です: 「天領の地」川上村を訪ねて:

« 霊魂調査の点と線 | トップページ | 庚申信仰の謎 »