« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

二つの百番供養塔

Hyakuban0903 筆者が名づけた奇跡の森は長野県M村のK地区という場所にあるが、地区という呼び方は最近の呼び方で、昔は<部落>という呼び方が一般的だった。これは日本各地の村や町の成り立ちを調べてみればすぐに分るだろう。
M村にあるこのK部落の先祖は、これまでの筆者の調査から群馬県にあるようだ。何故ならK部落の名前の由来となる地区と神社が群馬県にあるからだ。
従ってこのK部落はM村の中でもちょっと変わった存在だと思う。先日の調査でこのK部落に入るところに百番供養塔が建立されているのが分った。この百番供養塔は奇跡の森のものと比べるとやや小さいが享和三年(1803年)に建立したと刻んであった。
奇跡の森に建立されている百番供養塔は嘉永元年(1848年)だから、それより45年も前に建立されていたことになる。
そしてK部落の入り口に建立されている百番供養塔の建立時期の背景をインターネットで調べてみると享和という年号は辛酉(しんゆう)革命に当たるため改元されたと説明されている。この前の年号は<寛政>であり、その最期の年<寛政13年>は干支では<庚申>であった。
従ってM村もさながらK部落の二つの百番供養塔に共通して見えてくるのが干支の<申(さる)>となってくる。K部落の入り口にある百番供養塔、奇跡の森にある百番供養塔、この二つの百番供養塔は何か不思議な因縁があるのではないかと筆者は感じている。
写真に掲載しているのはK部落の入り口に建立されている百番供養塔である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

怨霊の滝の調査

Orb0904 先日、今年初めて長野県M村にある奇跡の森の調査に出向いてきた。しかしながら天気予報は大荒れの予報だったので、日程をずらそうとは思ったが強行軍で出かけてきた。
M村に着いたのは午前6時くらいであった。気温は4℃くらい、暖冬の影響のせいか辺りには雪もなく去年の3月に比べてみれば暖かいと感じた。
案の定、現地は強風と小雨交じりだったので調査予定を少し変えてM村の心霊スポットを訪ねてきた。この心霊スポットは先のブログでも紹介したが、その昔、嫁いできた嫁を姑がいびって、挙句の果てに近くの滝に嫁を突き落としたといういわくつきの場所である。
その滝はM村の村道からすぐ30~40m下った渓流のところにある。前回訪ねたときはちょっと怖さもあって滝に突き落とされた女性を供養して建立された神社に参拝してきたのであるが、今回はちょっと勇気を奮い立たせてその滝つぼまで、いわば心霊スポットの探検である。
まず、その滝までの道のりは大変である。何しろ村道からいっきに30~40mくらい手すりのついた下り坂を下っていかねばならない。お年寄りや女性、子供ではとてもとても歩いては行けそうもないところである。滝つぼが見えるところまで降りていくと、そこから滝つぼを正面から眺められるよう洞窟が掘ってある。
この洞窟も薄暗くて一人じゃとても怖くて入れそうにもない。本当に何か化け物でも出そうで背筋がぞくっとしてくる。そんな中、その滝つぼを写真に撮ってみると案の定、複数のオーブが写っていた。
オーブと霊魂を故意に結びつける気はもうとうないが、オーブが霊魂の仕業なのかどうか調査中なのは事実だ。
女性が突き落とされた滝つぼに浮びでるオーブたち、ここはその名の通り突き落とされた女性の怨霊が棲む滝つぼなのである。掲載の写真はその滝つぼで現れたオーブたちである。
みなさんはオーブが霊魂の仕業だと思いになりますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

霊魂とオーブ

Orb0903 最近、近くの水汲み場に出かけて定点撮影というやり方で写真撮影を続けているが、不思議なほどにオーブが写らなくなった。2~3年前まではその場所に行けば必ずと言ってよいほどオーブが写っていたのであるが、本当に不思議なほどにオーブ自体が写らなくなってきた。
先日、ある超心理学の会合でやはりオーブがよく写りこむという女性の方の相談に乗ってきたのであるが、彼女も最近不思議な出来事が身の回りで起こっているのだという。筆者のこれまでの調査ではオーブの犯人は小さな羽根の生えた昆虫たちがカメラのレンズの前を飛び去っていくときに、シャッターの音やフラッシュの光に驚いて放尿していく結果、カメラのレンズにアンモニアの水滴が付着してすぐに蒸発する現象なのだと突き止めたのであるが、最近、不思議に思っているのは筆者が写した写真に全くオーブが写りこんでこないということである。
掲載の写真にあるように、この場所では筆者が名づけたオーブ(ジョナサン)が以前は毎回のように写っていたのに今では全く写真に写らなくなったという事実である。
まだ科学的な裏づけは取れていないが、もし筆者の説が正しかったとしたら、霊魂というものは昆虫や植物などの生き物たちの神経を操作できるのではないかという仮説である。
そのような仮説をたてないと目の前で起こるポルターガイストなどの不思議な現象をうまく説明できない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »