« 幽霊が電車を止めた!? | トップページ | 08年ローレライのうた »

2008年12月27日 (土)

飯島 愛さんの死と霊魂研究

Aiiijima2 年末、クリスマス・イブの日から元タレントの飯島 愛(本名・大久保松恵)さんの訃報が全国的に駆け巡っている。景気もよくないし毎日、悪いニュースばかり流れているから、またまた気がめいってしまう。
飯島 愛さんの絶命するまでの足取りというか精神の病という過程がテレビのニュースなどで流されているので、死亡原因は公式的には不明と報道されているが自殺とみて間違いないだろう。
彼女は生前、病院の診察や警察に出向いていろいろ相談していたらしいが、やっぱり最期は自分で自分のいのちを絶つという道を選んだとしかいいようがない。
やはり、ノイローゼという精神の病気は普通の病院では治せないということを彼女が身をもって証明してくれたのかもしれない。
最近、いろいろな大学や研究機関で「死生学の研究」というものが進められているが、現在はバラバラな研究なので全国的な規模で統一した組織に発展させる必要があるのではないかと考える。
それから筆者のこれまでの霊魂研究から言えるのは自殺のあった場所で霊魂を強く感じるようになったと説明しているが、自殺によって世に言うところの浮かばれない「浮遊霊」がそこにいるからではないかと思うことがある。自殺による死の選択はその人の死後に大変な事態が待ち受けているのかもしれない。
自殺と霊魂の調査を無理やり結び付けようとは思わないが、精神の病というものはそもそも生きた霊魂の世界の問題なのではないかと思っているからである。
そして朗報としては国内のある研究機関から筆者が調査している「奇跡の森」を来年調査したいと申し入れが来ているので、第三者の目線で死後の霊魂の科学的な調査が進められることを期待している。
先ずは36歳の若さで自らの命を絶った飯島 愛さんの御霊に黙祷。

|

« 幽霊が電車を止めた!? | トップページ | 08年ローレライのうた »

心霊研究・倫理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯島 愛さんの死と霊魂研究:

« 幽霊が電車を止めた!? | トップページ | 08年ローレライのうた »