« 飯島 愛さんの死と霊魂研究 | トップページ | 寒念仏鉦叩像に学ぶ »

2008年12月31日 (水)

08年ローレライのうた

Lorerai08 2008年もいよいよ師走である。今年も振り返ってみるといろいろな事件や事故がたくさんあったように思う。景気も悪くなって毎日失業者問題がニュースで取り上げられない日はない。
筆者は経済問題には詳しくはないが、世の中にあるお金というものは、その総額は大体同じなのに不況というものが到来するのだから不思議でしょうがない。恐らく世の中の金持ちと呼ばれる富裕層たちが手持ちの巾着のひもを締めているから、この大不況というものが到来しているのだと素人ながら考える。
さて、話題を霊魂調査に戻って進めよう。先日、久しぶりに長野県M村を訪ねてきた。韮崎から国道141号をひたすら野辺山を目指して車を走らせていくのだが、清里辺りまでは太平洋側の天候なのだが、野辺山に差し掛かると天候が日本海側の天候に一変してしまうから大変だ。何しろ野辺山辺りで吹雪に見舞われたら大変である。
東京暮らしの永い人間にとっては雪国の怖さを知らないから、吹雪の中の車の走行は下手すれば命取りとなる。そんな心配をして出かけていったが、まだ野辺山高原の道路は路肩に残雪が見られる程度で大丈夫であった。やれやれ一安心だ。これも地球温暖化のせいなのだろうか、他人事みたいだけれど、ちょっと心配だ。
筆者が呼んでいるM村の「奇跡の森」についたのは朝7時半頃だった。気温は3℃でそう大して寒くはなかった。辺りは残雪があってうっすらと雪化粧をしている。もうかれこれ30回ほど「奇跡の森」の調査を続けているが幽霊クリウは筆者の前には姿を現すことはない。これは霊魂が人間に憑依する大きな特徴である。遭遇した最初の時だけ姿を現して、その後はその人間の前に大きく姿を現すことはないという性質を持っているようである。
午前10時、「奇跡の森」にさわやかなローレライのメロディが流れてくる。目を閉じて聞く。すがすがしいひとときだ。このメロディはM村の防災無線から流される時報の音なのだけれども、なんとなくメルヘンティックな瞬間である。「奇跡の森」で腰を下ろしてこの曲に耳を澄ましていると何となくいにしえの世界に引き込まれそうになる。筆者がこのブログのタイトルを「ローレライのうた」としたのも、この雰囲気があったからである。
写真は最近の「奇跡の森」の姿である。雪化粧の中にいるとあちこちに積石塚古墳と思われる古墳状の小さな墳墓の姿が見えてくる。辺りが緑に覆われ出すと彼らの姿を見ることは出来なくなる。来年は国内の研究機関と合同で調査を始める予定なので、少しは死後の世界の科学的なデータが得られるだろうと期待している。

|

« 飯島 愛さんの死と霊魂研究 | トップページ | 寒念仏鉦叩像に学ぶ »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/43584574

この記事へのトラックバック一覧です: 08年ローレライのうた:

« 飯島 愛さんの死と霊魂研究 | トップページ | 寒念仏鉦叩像に学ぶ »