« 体外離脱研究発表 | トップページ | 恐怖心と科学 »

2008年5月18日 (日)

蛇の道は蛇

Kofun012 私が奇跡の森と呼んでいるM村のとなり村で昨年からS大学の遺跡調査が行われていると聞いて、さっそくS大学のY教授と連絡をとった。Y教授とは面識がなかったが、私がこれまで調査した内容を文章にまとめて書類報告したものであるが、私の古墳群説にも多少の理解を示していただき少し安堵した。
いつものことなのだけれど、考古学などの世界に霊魂の話を持っていくのはとてもやっかいである。みなさん、考古学の世界にどうして変な話をもってくるんだなどと怪訝な顔をされる方が多いからだ。
Y教授は今のところ筆者の考え方も多少なり理解され、今年の現地調査で現場を確認していただく予定となった。先ずは蛇の道は蛇である、考古学につながるものは何かしらあい通じるものがある。
もし、筆者が発見した古墳群らしいものが間違いないものと証明されたら、霊魂の存在説もにわかに信憑性がでてくるだろう。この夏予定されているS大学の遺跡発掘調査に期待しているところである。
写真は奇跡の森に点在する古墳らしいものの写真であるが、確かに、これが古墳ですといわれないと分らないような大きさなのである。

|

« 体外離脱研究発表 | トップページ | 恐怖心と科学 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

>これが古墳ですといわれないと分らないような大きさ

 というか、この写真だと言われても判らないのです
が、これを古墳だと思った理由は何ですか?

 

投稿: zanki | 2008年5月26日 (月) 02時10分

どうも、コメントありがとうございました。
私が奇跡の森と呼んでいる場所の古墳らしいものは同じ長野県の松代にある大室古墳群にみられるように山の斜面にたくさん点在していることでしょう。詳細は古墳の不思議というところで説明しています。
<古墳の不思議>
http://morinosei2.cocolog-nifty.com/polter/2008/04/post_5516.html

投稿: 森の精 | 2008年5月26日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/41249694

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇の道は蛇:

« 体外離脱研究発表 | トップページ | 恐怖心と科学 »